Top >  爆笑問題 芸歴

爆笑問題 芸歴

日本大学芸術学部在学中に出会い、中退後の1988年結成。ライブハウス『ラ・ママ』でデビュー。その場で太田プロにスカウトされる。ホンジャマカ、浅草キッド等と共に「お笑い第三世代と第四世代の狭間の世代の代表」と言われる。
1988年:『笑いの殿堂』でテレビデビュー。以降順調にレギュラーを増やし、若手芸人のホープとなる。
ショートコント全盛の時代に、「生徒指導室」「東京の不動産屋」などの作り込まれたコントで注目を集めるが、次第に漫才を主体とするようになる。太田の毒に満ちたボケと田中のストレートなツッコミという正統的漫才で人気を博した。
1990年:太田プロから独立した。しかし決して円満移籍ではなかった為、一時的に仕事がなくなりテレビからも姿を消す。
この時期は主に田中がコンビニでアルバイトをし、太田はパチスロで稼いでくる妻(太田光代)を頼り生計を立てていた。太田は暗算が非常に苦手で、レジのバイトをすると客から苦情を言われないようにとお釣りを多く渡すために、まともにアルバイトが出来なかった。
しかし三年間全く仕事がなかったわけではなく、オムニバスドラマ番組『悪いこと』では脚本(太田)・出演(太田、田中)、オムニバス映画『バカヤロー!4』(森田芳光プロデュース)の中の一本では監督(太田)を務めた。また、営業として数多くの予餞会でネタ披露をした。自称「日本一予餞会に出た芸人」。
1993年、太田光代を社長に据えた芸能事務所「タイタン」を設立し移籍する。
この年からテレビ復帰。漫才コンビとして初めてNHK新人演芸大賞受賞。
1994年、『GAHAHAキング爆笑王決定戦』で初の十週勝ち抜いてレギュラーとなり、『タモリのSuperボキャブラ天国』内の「ボキャブラ発表会 ザ・ヒットパレード」に出演。
この番組で、ネプチューン、海砂利水魚を始めとする当時キャブラーと呼ばれた若手芸人たちの出世頭となり、再ブレイクのきっかけをつかむ。『黄金ボキャブラ天国』では初代名人に。当時のキャッチフレーズは「不発の核弾頭」。
1993年、平成5年度 NHK新人演芸大賞[演芸部門]大賞受賞
1994年、日本映画プロフェッショナル大賞・新人奨励賞を太田光が受賞
1996年、国立演芸場花形演芸会 銀賞受賞
1998年、国立演芸場花形演芸会 金賞受賞
1998年、ゴールデン・アロー賞芸能賞受賞
1999年、浅草芸能大賞新人賞受賞
2000年、笑芸人大賞 銀賞受賞、ちなみに金賞はビートたけし
2006年、万年筆が似合う著名人 芸能・ファッション部門を太田光が受賞
2006年、芸術選奨文部科学大臣賞放送部門受賞

放送部門のバラエティージャンルからは史上初の受賞となった。理由は「タモリ、たけし、さんま、紳助の存在が圧倒的な中、10年以上もポジションを得て常に成長しながら抜群の安定感を見せている」とのこと。この受賞は、受賞発表の直前に急逝した久世光彦の強い推薦によるものという。二人が進行するテレビ番組『爆笑問題のススメ』に久世光彦がゲスト出演した(日本テレビ系では2005年12月10日深夜放送)ことがきっかけで、久世が「あの二人にあげればいいじゃないか」と言い切ったそうである。
このとき同時に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した人物に画家の和田義彦がいるが、その後和田は盗作疑惑で世間の耳目を集めることとなる。一連のTV報道において受賞者が正装して勢揃いした映像が多く使用されたが、和田の後ろにこの二人が映っていたのが印象的であった。
漫才のネタは主に太田が作っている。時事ネタや社会風刺を題材としたものが目立ち、「社会派漫才」等と呼ばれる。現在テレビで漫才を披露することは殆どないが、関西・上方漫才に対する東京漫才のトップを走り、出世した代表的なコンビ。芸能人の活動の中心がテレビとなっている中、太田は「ラジオで笑いが取れる芸人になりたい」と、漫才への強い思いを表している。一方ダジャレネタがメインの『ボキャ天』では、主に田中がネタを考えていた。
漫才ネタの作り方としては「田中がスクラップした新聞記事を太田が読んでボケていき、田中はそれに対してツッコミをいれつつ、書き留めていく」というもの。そのことから太田は田中のことを「書記だ」と指した事がある。ネタ作りをする時は田中が太田宅におじゃまして、リビングで行われる。
『おごってジャンケン隊』の第1回ゲスト(1997年11月10日)。この時には爆笑問題の2人の他に太田の妻・光代も出演した。最後にジャンケンして現代洋子が46,830円を支払った際、太田は見たことがないくらい大笑いしたらしい。お勧めした店は阿佐ヶ谷『グルトン』。因みに、出演後にも関わらず、『おごってジャンケン隊』のサイトの「今後出てもらいたい芸能人」に「爆笑問題」の名前が何度も書き込まれたことがある。
テレビ番組(現在は司会・MCが主)、ラジオ番組(『爆笑問題カーボーイ』)のレギュラーを多数抱えるが、タイタンの定期ライブや雑誌の連載、本の出版なども数多くこなしている。なお爆笑問題名義の書籍は、主に太田が執筆している。
お笑い芸人がトップクラスの域になると自分のレギュラー番組しか出演しなくなる傾向が強い中で、多忙になった現在でも積極的に他人の番組にゲスト出演をしている。これは、独立して仕事が減ってしまった時の苦い経験が影響していると思われる。またNHKの出演も多く、教養色の強い番組に出演することも少なくない。明石家さんまやビートたけしなど多くの大物お笑い芸人はNHKにほとんど出演しないため、お笑い芸人としてはかなり異彩を放っていると言っても過言ではない。

爆笑問題 エピソード
太田は田中との比較において絶対的な自信を持っており、様々な機会を捉えては田中への非難・痛罵を繰り返す。これはもちろんギャグの一つであり、爆笑問題名物とも言えるが、時に極めて偏執的かつ長時間のものとなり、田中は全くと言っていい程、何の反論も許されない。こうしたこと等からコンビ仲が悪いと見られることもしばしば。しかし、ファンの間からはお互いの信頼関係があるからこそ出来るギャグである、と評されている。実際にそれぞれ40歳を超えてなお、ピンの仕事が殆ど無い等、相互依存的な関係であるとされる。
テレビなどでは太田が田中をいじり倒している事から太田の方が立場が強い様に見られるが、意外にも短気な(しばしば「キレる子供」と揶揄される)田中がすぐに解散を口にするので、いつも太田が謝って収拾するとの事。しかし、田中がキレる原因には太田の過度の「しつこさ」等がある。
最近ではバラエティ番組などでたまにいじる程度であるが、初期のネタ(主にライブなどで)では田中の特徴以外にもいじめや自殺など差別的なネタも多く見られ、一時は「それでは売れない」と批判的意見も少なくなかった(後述)。
『水着でKISS ME』では交互に主演し、毎回ベッドシーンを演じていた。また、TVなどの出演がほとんどなかった不遇の時代には太田が書いた脚本を、同期のホンジャマカが演じたこともあった。
1999年4月〜2006年3月にかけて、フジテレビ系列子供番組『ポンキッキーズ』に、ネズミの着ぐるみキャラクター「爆チュー問題」としてレギュラー出演し、子供から大人まで人気を博す。2006年5月よりフジテレビ721にて『空飛ぶ!爆チュー問題』のタイトルで独立番組化。
2000年10月9日、田中は片方の睾丸摘出手術を行なった。この時、シドニー五輪になぞらえて「田中、金とった!!」との見出しがスポーツ新聞を飾った。また記者会見では、太田が相方をネタにギャグを連発し、芸能記者達にとっても視聴者にとっても記憶に残る会見となった。なお前日から太田は入念にギャグを考えていた。こうした小ネタを太田は突然引き合いに出し、笑いに繋げることがある。
2005年の高額納税者番付タレント部門では、2人ともベスト10に入った(太田8位、田中9位)。
2人とも大の猫好き。
2人とも酒が飲めないが、以前、太田が眠れない時に焼酎を飲んで酔ってしまい、次の日の仕事ではまだ酔いが残っていた為、スタジオの照明を見て踊りだしてしまったそうだ。
共に自動車の運転免許証を持っていない。
まだ若手だった頃、お笑いの審査員をしていた舛添要一に太田が「お笑いのことなんてわからないやつに、つべこべ言われたくねー!!」と噛み付いたらしい。この時、同席していた伊集院光は、「こいつらは売れねぇな」と思ったらしい。後日、太田が舛添にその話を振ったところ、舛添は全くその事を覚えてなかったという。また、ニュース番組でも太田がよくボケるため、ある共演者が「真面目にやって下さい」と怒った時、太田が「こっちは真剣にお笑いを出しているんだよ」と激怒した事があるらしい。
2人合わせて今まで付き合った女性の数は現在の妻を含め、太田、田中2人ずつで計4人。(『検索ちゃん』にて)
太田が結婚指輪をしているのはツッコミをしないかららしい(指輪をした手でツッコミをされると、実際痛いそうだ)。また、田中が結婚指輪をしていないのはツッコミをした時に相方が痛いから、と言う訳ではなく、「漫才コンビで二人とも結婚指輪をしているのはどうかと」という理由らしい。
2人は佐野元春とサザンオールスターズの話題になると必ず、どちらの方がより良いファンかという話題でもめる。
太田は後輩の萩原正人が肝硬変を患った際に何とか彼の命を救おうと奮闘し、結果的に命を救っている。

 <  前の記事 爆笑問題  |  トップページ

更新履歴